FreeBSD 10.0にWordPressをインストール


このサイトを立ち上げるにあたって、FreeBSD 10.0にWordPressをインストールしたメモです。FreeBSD 10からはpkgngがデフォルトのパッケージ管理システムになっているので、これを用いてインストールすることになりますが、色々問題があり、試行錯誤が必要でした。

普通に考えれば、

でインストールできるんじゃないか、と思うのですが、この状態だと次のような問題があります。

  • ja-wordpressの依存性でphp5がインストールされるが、このphp5にはmod_phpは入っていない
  • apache22のMPMがpreforkなので、mod_phpとか組み込んで色々やった日にはメモリをバカ食いする
  • apache22のMPMをworkerにするには、php5をスレッドセーフにしなければならないが、標準ではそうなっていない

そのようなわけで、結局次のような方法を取ることにしました。まずは上記の理想例同様に、ja-wordpressとmysql56-server、apache22-worker-mpmをインストールします。

そして、ja-wordpressとphp5関係をすべて削除します。

PHP5をZTSを有効化してコンパイルし(メニューからZTSを選択する)、mod_phpもコンパイルします。

そして、ja-wordpressをportsから入れて、php5-*の依存性ライブラリもportsから突っ込みます。

あとはmysqlなりapacheなりphpなりを適切に設定すれば、worker MPMのapacheでWordPressが利用できると思います。

なお、なぜか試行錯誤中に、converters/php5-mbstringが抜けてしまっていて、日本語が入力できない!どうしよう! になったことがあったので、念のためpkg infoで確認したほうが良いかもしれません。

pkgngは、portsからのコンパイルとバイナリからのインストールを組み合わせて使う場合でも色々頑張っているものの、まだ荒削りな部分があるような印象です。さらに改善されればとてもいいツールになるのではないでしょうか? 期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です