月別アーカイブ: 2014年5月

FreeBSD pkg (pkgng)でのカスタマイズ環境アップグレード

FreeBSD 10から標準になったパッケージ管理システムのpkg(旧称pkgng)ですが、何しろ新しい機能でどのように使いこなせばいいのかわかりません。pkgだけで全て済むのであればいいのですが、カスタマイズしてportsをコンパイルした場合との共存はまだそれほどうまくいっていないように感じます。

とりあえず以前構築に関して紹介した本サーバのpkgをアップグレードしようと思ったのですが、次のような問題があります。

  • ja-wordpressはWordpress自体のアップグレード機能を使うので、pkgから管理する必要はない。
  • apache22は標準のprefork MPMではなくてworker MPMを使っているが、mod_php5のpkgの依存性はprefork MPMのpkgに向いている。そのためこれをpkgで更新しようとすると、新規にapache22のprefork MPMなpkgをインストールしようとしてしまい、衝突する。
  • worker MPMでmod_phpを利用するにはphpをZTSでスレッドセーフにビルドしなければならないが、標準のpkgはそうではない。
  • ja-wordpressのpkgの依存性は、上記の標準php5なpkgに向いている。
  • 以上のような事情で、php5およびphp5-extension系とja-wordpressはportsからインストールした。

なので、そのままpkg upgradeすると、悲惨なことになってしまうのです。もう少しpkgさんには頑張って欲しいところです。

続きを読む